HOME > メガソーラー発電所構内でのカラス飛来防止対策
メガソーラー発電所構内でのカラス飛来防止対策 メガソーラー発電所構内でのカラス飛来防止対策

飛行場で発生を危惧される「バードストライク」。
草叢に発生する小虫やミミズを採餌に飛来する鳥類の群れによって起こります。
自然の生態系には、アナログ仕様で対処するのが最も効果的です。
現在の対策としては、プロパンのガス砲。しかし、単調な間隔と音で馴れが生じて効果がありません。また、鳥類が飛来すれば車で追い、猟銃で追い払うという対策もありま すが、滞在する人件費や猟銃資格者の加齢問題で人手不足などで困っていることが多いかと思います。
飛行場の「バードストライク」防止の対策は、管理費・人件費不要・消耗材不要・ノンメンテナンス・永続性のある、飛来防止の保証装置、FFタイプ(フライングファルコン・ソ ーラータイプ)を選択しませんか。
商品の詳細はこちらでも確認できます。

効果保証します

もし、装置を設置してからでもカラス被害が発生すれば、設置の増設や位置の変更などを無償で対応いたします。
常に鳥害と向き合うバードストッパーだからこそできる保証です。

※但し、ソーラーバッテリー交換(約3年)は実費にてお願いしています。
メンテナンス、部材交換などもおまかせください。

メガソーラー発電所構内でのカラス飛来防止対策
[装置概要]
  • 電源は太陽電池ソーラーバッテリーを内蔵(バッテリー寿命は約3年・交換可能)
  • 模擬鳥は翼長1.3mのRP製です。
  • 電子音発生装置内蔵(125db)防水性の高性能スピーカー上下2個内蔵。
  • 明かりセンサーで自動的に発生音の作動をし、暗闇では自動的に消音。音量調節機能付き。
  • 現場のニーズに合わせてオプションが追加できます。
    ・リモコンでON・OFFの遠隔操作ができる無線レーダーシステム
    ・鳥の習性と飛来時間に合わせて作動するタイマーシステム
お問い合わせは今すぐ メールでのお問い合わせはこちら
▼動画でも商品の紹介をしています。

トップページへ